〜 やもめ食堂 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶏手羽元開きの唐揚げ

<<   作成日時 : 2012/05/01 21:16   >>

トラックバック 0 / コメント 3

鶏肉の方が使い回しが良いので、やもめ食堂では鶏肉料理が多い。もちろん値段
が安いせいもあるが、部位別に味の違いがはっきりしているのも使いやすい理由の
一つかもしれない。今日使う手羽元も固まりのまま使うと、食べづらかったりす
るが、少し手間を掛けて開いて使うと、肉が軟らかく、味も良い部分だと言うこ
とが良く分かる。

画像


少し薄めの下味を付けた開いた手羽元をカラリと揚げると、見た目ボリュームたっ
ぷりの一品に仕上がる。今夜は熱々の唐揚げで、娘の帰りを待つことにしよう。


鶏手羽元開きの唐揚げ

●材料

手羽元          8本(500g程度)

★下味調味料
濃口醤油         25cc
ミリン            25cc
練り生姜          5g程度
おろしニンニク       5g程度

画像


●作り方

手羽先は皮目を下にして、骨に添って包丁を入れて、開きにします。

画像


骨の右側に添って包丁を入れて、片側を開きます。
※写真上の部分の筋が硬いので、注意して切ります。

画像


同じように左側も開いて、形を整えると出来上がりです。
※開いたとき筋が有ったら、筋切りしておきます。

画像


画像


下味調味料を全部合わせてビニール袋に入れて、良く混ぜ合わせます。

画像


画像


下味調味料の入ったビニール袋に、開いた手羽元を入れます。

画像


手羽元を入れたら軽く揉んで、調味料を行き渡らせた後、ビニール袋
の空気をしっかり抜いて、口を結びます。30分〜1時間ほど常温で味を染みこませます。
※ビニール袋を使うと少ない調味料で、味付けが出来ます。

画像


時間が経ったら手羽元に片栗粉を付けて行きます。
揚げる前に余分な片栗粉は、はたいて落とします。

画像


画像


170〜180℃の油に皮目を下にして、手羽元を入れて行きます。
1分間ほど揚げたら、裏返します。

画像


画像


途中何度か裏返しながら、5分間ほど揚げ、衣が色よく揚がったら
油を切って出来上がりです。

画像


※見かけの割りに、肉が薄いので高温でサッと揚げるのがコツです。
 柔らかい手羽元の食感を楽しんで下さい。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
このブログ記事を読んでから、手羽元は開いて揚げるようになりました。
食べやすくていいですね。
もっと早く知っておけば良かったです。
くまさん
2012/11/30 14:14
くまさん、いらっしゃいませ♪
返事が遅くなって、すみません。
手羽先は開くと火が通りやすくなるし、
食べやすくなりますよね♪
お役に立てて何よりです。
美味しい料理を楽しんで下さい(笑)
やもめ食堂 主(あるじ)
2012/12/02 04:24
今日何気なくすっぴん!おベントガーデンで検索していたら
こちらを発見!懐かしくてしばらく読み進んでいました。
2012年とあるからもう更新していらっしゃらないのかな?
私も何とか遅れ気味ながらブログを書いています。
もう5年も前の記事なんですね〜!!
ホント、懐かしいです。
突然失礼しました。
こいばあちゃん
2017/10/31 08:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
鶏手羽元開きの唐揚げ 〜 やもめ食堂 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる