鶏つくね焼き

昨日は手抜き料理だったので、今夜は少し手を入れた料理を作ることにする。手
を入れた料理といっても材料は、特売の鶏ムネ肉と冷蔵庫に有るもので作るわけ
だけど、とりあえず、今夜は娘の好物のネギ入りの鶏つくね焼きにする。

画像


手が掛かるのは胸肉をひき肉にする作業だけど、包丁を良く研いでおけば案外楽
にさばいて行ける。(もちろん今日も仕事合間に、しっかり包丁は研いでおいた)
ひき肉さえ作れば、後は粘土細工を作るように、つくねを丸めて形作るだけ。

画像


娘からの帰ってコールの後、大きなフライパンでつくねを焼いて、甘辛いタレを
絡ませた頃、玄関のチャイムが鳴る。ご飯が炊ける。今夜も、美味しい夕食の時
間が始まろうとしている。


鶏つくね焼き

●材料
鶏ムネ肉     300g
鶏皮(冷凍)   2枚分
タマネギ     中1/2程度

卵        1個(LL)
片栗粉      大さじ2杯(20g)
パン粉      50g程度
砂糖       小さじ1杯(3g)
練り生姜     1.5cm程度
塩        3g

画像


★甘辛だれ
しょうゆ     大さじ3杯(45g)
ミリン      大さじ3杯(45g)
砂糖       大さじ3杯(30g)
お酒       大さじ3杯(45g)
水        大さじ3杯(45g)
練り生姜     1.5cm程度
※娘向きに超甘口です。お好みで砂糖の量を調整して下さい♪

水溶き片栗粉   適量

※お好みで、ニンニクを加えても美味しいですよ♪

●作り方

甘辛タレの材料は、全部合わせておきます

画像


鶏ムネ肉は皮を付けたまま、包丁で叩いてひき肉にします。
※胸肉をひき肉にする手順はこちら

画像


画像


タマネギをみじん切りにします。

画像


※タマネギ1/4をみじん切りにするときは、裏返すと切りやすくなります。
画像


同じように、ネギもみじん切りにします。
※ネギは少し大きめの方が、美味しいと思います。

画像


画像


材料の下ごしらえが終わったらボールに入れて、
パン粉を除く材料も加えます。

画像


ボールの材料を手で掴むように、混ぜ合わせてゆきます。

画像


ある程度混ざったらパン粉を加えて、さらにこね合わせてゆきます。
※ひき肉に粘りが出るまで、しっかり混ぜ合わせます。

画像


画像


混ぜ合わせたらバットに取りだして、冷蔵庫で30分ほど寝かせます。
※時間がないときは、そのまま次の工程へ進みます。

画像


画像


今回はネタの量が585gになったので、1個あたり40g目安で丸めてゆきます。
ネタの重さを量ったら、とりあえずバットに並べます。

画像


重さを量ったネタを丸めて、平らにならしてゆきます。
※手に水を付けながら丸めると、きれいに丸められます。

画像


準備が出来たら、冷たいフライパンに油を引いて、つくねを並べてゆきます。
並べ終わったら火を着けて、中火で焼いてゆきます。

画像


片面に軽く焦げ目が付いたら、裏返し、裏面も同じように焼いてゆきます。

画像


両面焼けたら、タレを入れて強火にして煮詰めてゆきます。
※途中、味を馴染ませるため、何度か裏返します。

画像


タレがほどよく煮詰まったら、水溶き片栗粉でとろみを付けます。
※水溶き片栗粉を入れる時は、火を消した方がうまく行きます。
 入れた後は中火~強火で1分間ほど加熱します。

画像


うまくとろみが付いたら、お皿に盛りつけて出来上がりです。

画像


画像

この記事へのコメント

2012年05月26日 19:51
こんばんは。
鶏つくね焼き、美味しそうですね~。
ネギもタップリ入って風味が良さそう~♪

我が家の子供たちも、鶏のつくねが大好きです~。
作ったら、とっても喜ぶと思うのですが、いつも焼き鳥コーナーで買ってばかり・・・。
レシピを拝見させていただいたら、なんだか、私にも作れそうな気がしてきました。
がんばるワン♪
やもめ食堂 主(あるじ)
2012年05月26日 20:16
cafeさん、こんばんは♪
ネギは娘の大好物なので、たっぷり入れてみました。
つくねは鶏ひき肉さえ買ってくれば、案外と
簡単ですよ。買うと高いので、やもめ食堂では
手作りで、節約してます(笑)
お鍋やお汁にいれても、美味しいですよ。

この記事へのトラックバック